NFTとは?仕組みや始め方・買い方・稼ぎ方を初心者向けにわかりやすく徹底解説

▼この記事はPR広告を含みます。
当サービスではアフィリエイトプログラムを利用して商品のご紹介を行なっております。 当サービスを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。
   

Web3.0、仮想通貨と同時によく耳にするNFT。

興味はあるけれど、NFTとは何なのか、危険な取引に巻き込まれるのはないか不安。

仕組みは分かったけど始め方や、買い方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、NFTの定義から始め方、買い方、稼ぎ方など、NFTに関連するすべての情報を一つの記事にまとめた完全版を作成しました。

今すぐNFTを始めたい人は『NFTの始め方と購入方法』からご覧ください。

関連記事

プロフィール ANC(アンク) クリエイターANC(アンク)AI NFT CreatorInstagramhttps://www.instagram.com/ai_nft_creator/YouTubehttps://[…]

NFTクリエイター ANC(アンク)

本コンテンツはWeb3japanが独自に制作しています。メーカー等から商品・サービスの無償提供を受けることや広告を出稿いただくこともありますが、メーカー・広告主等はコンテンツの内容やランキングの決定に一切関与していません。詳しくはコンテンツ配信ポリシーをご覧ください。

NFTとは?基本的な定義と特徴

NFTとは?基本的な定義と特徴

NFT(エヌ・エフ・ティー)は「Non-Fungible Token」の略で、直訳すると「非代替可能トークン」となります。これはデジタルアセットの一種で、ブロックチェーン技術を基盤としています。

NFTは独自の情報を持ち、他のトークンとは異なることが確認できるため、デジタルアートやコレクタブルアイテムなどの証明として使用されることが特徴です。

NFTの基本的な説明

NFTは、ブロックチェーン上でのデジタルアセットの所有権を証明するためのトークンです。

物理的なアートやコレクタブルとは異なり、デジタル空間上でのみ存在します。

しかし、その価値はブロックチェーン技術によって確保されており、偽造や複製が困難です。

NFTの定義

NFTは、各トークンが独自の情報やメタデータを持つことから、他のトークンとは異なることが確認できるデジタルアセットです。

これにより、NFTはデジタルアートや音楽、ゲーム内アイテムなどの独自性や希少性を持つアセットの所有権を証明するのに適しています。

NFTの起源と歴史

NFTの概念は、ブロックチェーン技術が登場した当初から存在していましたが、近年、デジタルアートの市場が拡大するにつれて注目を浴びるようになりました。

特に、有名アーティストやセレブリティがNFTを利用して作品を販売する事例が増えてきたことで、一般の認知度も高まってきました。

NFTと暗号資産(仮想通貨)との違い

NFTと一般的な暗号資産(例:ビットコインやイーサリアム)との主な違いは、NFTが「非代替可能」であることです。

これは、各NFTが独自の価値を持つのに対し、ビットコインやイーサリアムは1つ1つが同じ価値を持つという意味です。

代替不可能なトークンとしての特性

NFTは、その名の通り代替が不可能なトークンです。

例えば、特定のデジタルアートのNFTは、そのアート作品自体の唯一無二の証明となるため、他のNFTや暗号資産と交換することはできません。

一般的な暗号資産との主な違い

一般的な暗号資産は「代替可能」であり、1ビットコインは他の1ビットコインと同じ価値を持ちます。

しかし、NFTは各トークンが独自の情報や価値を持つため、他のNFTや暗号資産と簡単に交換することはできません。

NFTの主な特徴

NFTの最も顕著な特徴は、その「唯一性」です。

ブロックチェーン技術によって、NFTの所有権やその独自性が確認できるため、偽造や複製が困難です。

唯一性

NFTは、ブロックチェーン上での取引履歴やメタデータによって、その唯一性が保証されます。

これにより、NFTの所有者はそのアセットの真正性や希少性を確認することができます。

取引可能性

NFTは、ブロックチェーン上での取引が可能であり、その取引履歴も公開されています。

これにより、NFTの所有権の移転や売買が透明に行われます。

相互運用性

NFTは、異なるプラットフォームやアプリケーション間での利用が可能です。

例えば、ゲーム内で取得したNFTアイテムを、他のゲームやプラットフォームで利用することができる場合があります。

プログラマビリティ

NFTは、スマートコントラクト技術を利用して、様々な機能やルールを組み込むことができます。

これにより、NFTに独自の機能や特性を持たせることが可能です。

NFTの技術的背景

NFTの技術的背景

NFTはデジタルアセットの所有権を証明するためのトークンとして知られていますが、その背後にはブロックチェーン技術があります。

このセクションでは、NFTがどのようにしてブロックチェーン技術と結びついているのか、そしてその技術的な側面について詳しく解説します。

ブロックチェーン技術との関連

NFTはブロックチェーン技術を基盤としています。ブロックチェーンは、取引の記録を連鎖的につなげて保存するデータベースの一種です。この技術により、データの改ざんが困難となり、透明性が確保されます。
例えば、あるアーティストがデジタルアートをNFTとして発行した場合、そのアートの所有権の移転や取引履歴はブロックチェーン上に記録され、公開されます。

このように、NFTの真正性や希少性はブロックチェーン技術によって保証されています。

ブロックチェーンとNFTの関係性

ブロックチェーンはNFTの存在を可能にする技術的基盤です。NFTはブロックチェーン上での取引や所有権の証明を行うためのトークンとして機能します。ブロックチェーンの分散型の特性により、NFTのデータは複数のノードに保存され、改ざんが困難となります。

あるユーザーがNFTを購入すると、その取引情報はブロックチェーン上に記録され、そのNFTの所有者として認識されます。

このように、ブロックチェーンはNFTの取引や所有権の証明の場として機能しています。

ブロックチェーンがもたらすNFTの利点

ブロックチェーン技術は、NFTに多くの利点をもたらしています。ブロックチェーンの特性により、NFTは透明性、セキュリティ、不変性を持つことができます。これにより、NFTの所有権の証明や取引が信頼性を持って行われます。

あるコレクターが高額でNFTアートを購入した場合、その取引履歴や所有権はブロックチェーン上に永続的に記録され、他のユーザーにも公開されます。

このように、ブロックチェーン技術はNFTの信頼性や価値を高める要因となっています。

ERC721規格とは

ERC721は、NFTを作成するためのEthereum(イーサリアム)の標準規格の一つです。Ethereumブロックチェーン上でスマートコントラクトを作成する際の標準として、ERC721規格が提案されました。この規格に従って作成されたNFTは、それぞれが独自の属性やメタデータを持つことができます。


例えば、ゲーム内のキャラクターやアイテムをNFTとして発行する際、それぞれのキャラクターやアイテムが異なる能力や外見を持つことができます。

ERC721規格は、NFTの多様性や独自性を保証するための重要な標準となっています。

ERC721の定義

ERC721は、非代替可能トークンを作成するためのEthereumの標準規格です。この規格は、各NFTが独自のIDを持つことを要求しており、これにより各NFTの独自性が保証されます。また、この規格に従って作成されたNFTは、Ethereumブロックチェーン上で取引や移転が可能です。

あるアーティストが限定版のデジタルアートをNFTとして発行する際、ERC721規格に従ってそれぞれのアートに独自のIDを付与することができます。

このように、ERC721はNFTの独自性や取引の基盤となる規格です。

他の規格との違い

ERC721は、他のEthereumのトークン規格とは異なる特性を持っています。

例えば、ERC20はEthereumの代替可能トークンの標準規格であり、各トークンは同じ価値を持ちます。しかし、ERC721は非代替可能トークンの規格であり、各トークンが独自の価値や属性を持つことができます。

NFTの市場とその規模

NFTの市場とその規模

NFTは近年、デジタルアートやゲーム、音楽などの分野で急速に普及しています。このセクションでは、NFT市場の現状、動向、そしてその規模について詳しく解説します。

NFT市場の現状と動向

NFT市場は急速に成長しており、多くの投資家やクリエイターの注目を集めています。NFTは、デジタルコンテンツの所有権を証明する新しい形式として登場し、ブロックチェーン技術の進化とともに市場が拡大しています。

2020年と2021年には、多くの有名アーティストやセレブリティがNFTを利用して作品を発表し、高額な取引が行われるなど、市場の活性化が見られました。

このように、NFT市場は今後もその拡大が期待される分野となっています。

市場の成長とその背景

NFT市場は、過去数年で急激な成長を遂げています。デジタルコンテンツの需要の増加、ブロックチェーン技術の普及、そしてクリエイターと消費者の間での新しい価値の交換の形としてNFTが注目されています。

例えば、2021年にはあるデジタルアート作品がNFTとして数千万ドルで取引されるなど、その価値が社会的に認知されるようになりました。

NFT市場の成長背景には、技術的な進化だけでなく、文化や価値観の変化も影響しています。

主要なプラットフォームとその特徴

NFT市場には、多くの取引プラットフォームが存在しています。これらのプラットフォームは、クリエイターが自身の作品をNFTとして発行・販売する場や、投資家がNFTを購入・取引する場として機能しています。

OpenSeaやRaribleなどのプラットフォームは、多くのNFT取引が行われる主要な場所として知られています。これらのプラットフォームは、ユーザーフレンドリーなインターフェースや多様なジャンルのNFTを取り扱っていることで人気があります。

NFT市場の活性化には、これらのプラットフォームの存在が不可欠です。

市場の将来性と予測

NFT市場は、今後もその成長が期待される分野として注目されています。デジタル技術の進化や、新しい文化・芸術の形としてのNFTの受容が進む中、市場の拡大や多様化が予測されています。

未来のNFT市場では、現在よりもさらに多様なジャンルや形式のNFTが登場することが期待されています。また、NFTを活用した新しいビジネスモデルやサービスも増えると予測されています。

NFT市場の将来性は、技術的な進化だけでなく、社会的な受容の拡大にも左右されると言えます。

NFT市場の未来展望

NFT市場は、さまざまな可能性を秘めています。現在のNFT市場は、デジタルアートやコレクタブルを中心としていますが、将来的にはエンターテインメント、教育、リアルエステートなど、さまざまな分野での応用が期待されています。

例えば、バーチャルリアルティ(VR)空間での不動産取引や、教育コンテンツのライセンス取引など、新しい形のNFT取引が増えることが予測されています。

NFT市場の未来は、技術的な進化とともに、さまざまな分野での応用が広がると考えられます。

投資としてのNFT

NFTは、新しい形の投資対象としても注目されています。NFTの希少性や独自性、そしてブロックチェーン技術による証明の信頼性から、多くの投資家がNFTに投資することで利益を追求しています。

有名アーティストの作品や、限定版のコレクタブルアイテムなど、高額で取引されるNFTも増えており、これらのNFTは投資としての価値も持っています。

NFT投資は、そのリスクとリターンをよく理解した上で、戦略的に取り組むことが求められます。

NFTの実用例と活用シーン

NFTの実用例と活用シーン

このセクションでは、NFTの具体的な実用例とその活用シーンについて詳しく解説します。

ゲーム、アート、音楽などの利用例

NFTは、ゲーム、アート、音楽などの多岐にわたる分野での利用が拡大しています。以下では、それぞれの分野でのNFTの活用事例を紹介します。

NFTを活用したゲームの事例

ゲーム内のアイテムやキャラクターの所有権を明確にするためにNFTが使われています。「CryptoKitties」は、ユーザーが仮想の猫を育成や取引するゲームで、その猫たちはNFTとして存在します。

NFTを採用することで、ゲーム内のアイテムが唯一無二であることを保証できるからです。

さらに、これらのアイテムをゲームの外でのマーケットで売買することも可能です。

NFTを活用したアートの事例

デジタルアートの真正性や所有権を証明するためにNFTが導入されています。アーティストBeepleの作品「Everydays: The First 5000 Days」はNFTとして売り出され、驚異の3,000万ドル以上での取引が行われました。

NFTにより、デジタルでもアートの希少性や価値を確立できるからです。

多くのアーティストが、NFTを通じて新しい展示や販売の方法を探求しています。

NFTを活用した音楽の事例

音楽のトラックやアルバムの所有権を証明するため、または限定コンテンツとしてNFTが使用されることが増えています。アーティストGrimesがNFTとしてリリースした音楽トラックは、数百万ドルでの取引が行われました。

NFTを用いることで、アーティストとファンとの新しい形の絆や関係を築くことができるからです。

NFTは、音楽業界における新しい収益の形を生み出しています。

NFTを活用した新しいビジネスモデル

NFTの技術は、従来のビジネスモデルだけでなく、新しいビジネスの機会も生み出しています。その中でも、マーケティングや新規事業の立ち上げにおいて、NFTがどのように活用されているのかを見ていきましょう。

NFTを用いたマーケティング戦略

ブランドや企業がNFTを利用して、消費者とのエンゲージメントを高める新しいマーケティング手法が登場しています。一部のブランドは、限定版のNFT商品やコンテンツをリリースすることで、ファンや消費者との関係を強化しています。

NFTの希少性や独自性を活用することで、ブランドの価値や魅力を高め、消費者の関心を引きつけることができるからです。

また、NFTを通じてのプロモーションやキャンペーンは、従来の方法とは異なる新しい体験を提供することができます。

NFTを活用した新規事業の例

NFT技術を基盤とした新しいスタートアップやプラットフォームが次々と誕生しています「OpenSea」や「Rarible」などのNFTマーケットプレイスは、ユーザーがNFTを購入、販売、取引することができるプラットフォームとして注目を浴びています。

デジタルアセットの需要が増加している中、NFTを中心とした新しいビジネスモデルが求められているからです。

これらのプラットフォームは、NFTの普及とともに、デジタルアセットの新しいエコシステムを形成している。

NFTでの稼ぎ方

NFTでの稼ぎ方

NFT、非代替性トークンは、デジタルアセットの所有権を証明する技術として注目されていますが、それだけでなく、新しい収益の源としても多くの人々に利用されています。

このセクションでは、NFTを利用してどのように収益を上げることができるのか、その方法を詳しく解説します。

NFTの売買で稼ぐ

NFTのマーケットプレイスで、希少性のあるNFTを購入し、高値で売却することで利益を得る方法があります。一部のコレクターは、初期の段階で購入したNFTアートやゲームアイテムを、価値が上昇した後に高値で売却し、大きな利益を上げています。

NFTの独自性や希少性が評価されることで、価値が上昇する可能性があるため。

しかし、投資と同じく、価値が下落するリスクも存在するため、慎重な判断が求められます。

NFTを自分で発行して稼ぐ

アーティストやクリエイターが、自身の作品をNFTとして発行し、販売することで収益を得る方法が増えています。多くのアーティストやミュージシャンが、自らの作品や音楽をNFTとして発行し、ファンやコレクターに直接販売しています。

NFTを通じて、作品の希少性や独自性を保証し、より高い価値で販売することができるからです。

また、NFTの販売は、クリエイターにとって新しい収益モデルとして注目されており、従来の方法とは異なるファンとの関係性を築くことができます。

NFTの始め方と購入方法①取引所の口座開設

NFTの始め方と購入方法①取引所の口座開設

本セクションからは、具体的に仮想通貨取引所の口座開設方法を解説していきます。

ここでは国内大手取引所の

を例として取り上げますが、どの仮想通貨取引所でも基本的な口座開設の流れは変わりません。

  • メールアドレスを登録する
  • 各種重要事項を確認する
  • 電話番号認証をおこなう
  • 個人情報を入力する
  • 本人確認書類を提出する

メールアドレス・パスワード登録

公式サイトにアクセスし会員登録を行います。

『口座開設(無料)はこちら』ボタンをクリックしてください。

コインチェック-TOP
出典:コインチェック

以下の画面に遷移します。任意のメールアドレスとパスワードを設定し、『登録する』をクリックしてください。

出典:コインチェック

以下のメールアドレス確認画面に遷移します。登録したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

コインチェック-メール確認1
出典:コインチェック

以下の確認メールを受信したら、本文中の『URL』をクリックしてください。これによりコインチェック公式サイトにログインすることが出来ます。

コインチェック-メール確認2
出典:コインチェック

各種重要事項の承諾

コインチェック公式サイトにログインすると以下2つのメッセージが表示されています。

  • サービス利用における、各種重要事項の承諾について
  • 本人確認書類のご提出をお願いします

まずは「各種重要事項を確認する」のボタンをクリックして、利用規約や取引説明書への確認・同意をしていきましょう。

コインチェック-各種重要事項の承諾
出典:コインチェック

本人確認書類の提出

各種重要事項の確認が終了したら、次は『本人確認書類を提出する』をクリックします。

本人確認書類の提出は以下3つのステップを行っていきます。

  1. 電話番号認証
  2. 個人情報の入力
  3. 本人確認書類の提出

電話番号認証

携帯番号を入力して「SMSを送信」をクリックするとSMSメッセージでコードが届きます。受信したメッセージに記載されたコードを入力します。

コインチェック-電話番号認証
出典:コインチェック

個人情報の入力

氏名や住所などの個人情報を入力していきます。

この次に提出する本人確認書類に記載された内容と齟齬が生じてしまうと、審査が通らない可能性が高まるため注意が必要です。

コインチェック-個人情報
出典:コインチェック

本人確認書類の提出

最後に本人確認書類を提出します。以下の2種類の方法が用意されています。

  • ハガキによる本人確認
  • かんたん本人確認

Webブラウザから口座開設を申し込む場合は『ハガキによる本人確認』となりますが、画面に表示されたQRコードをスマホで読み込んでスマホアプリから『かんたん本人確認』を行うことが可能です。

ハガキによる本人確認を選択した場合はハガキの受け取り後、かんたん本人確認の場合は審査後すぐにコインチェックの利用が可能になります。

コインチェック-本人確認書類
出典:コインチェック

以上で口座開設方法の解説は終了です。

コインチェック口座は無料(手数料0円)で開設することができます。NFTの売買には必須なため、今すぐの開設をおすすめします。

NFTの始め方と購入方法②実際の取引方法

NFTの始め方と購入方法②実際の取引方法

NFTを購入する方法を解説します。手順は以下のとおりです。

  1. 暗号資産取引所で口座開設をする
  2. 暗号資産取引所に日本円を入金する
  3. 暗号資産を購入する
  4. NFTマーケットプレイスにログインする
  5. NFTを購入する

①の『暗号資産取引所で口座開設をする』は前章で詳しく解説しています。まだ口座開設を行っていない方は、前章からご確認ください。

NFTマーケットプレイスは国内外含め数多く存在します。取扱いタイトルや使いやすさ、手数料の安さなどで判断すると良いでしょう。

本章では『口座開設の解説』で取り扱ったコインチェックが運営する、国内初となる暗号資産取引所『Coincheck NFT』を例に、NFTの購入方法について解説していきます。

暗号資産取引所に日本円を入金する

NFTは法定通貨ではなく暗号資産で購入します。そのため、事前に取引所に日本円を入金し、暗号資産を購入しておく必要があります。

コインチェックでは以下3種類の方法で入金が可能です。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

暗号資産を購入する

日本円の入金が完了したら、次は取引所で暗号資産を購入します。

Coincheck NFTでは、コインチェックが取り扱う、以下14種類以上の暗号資産を決済に使用可能です。

【Coincheck NFT】決済対応済み暗号資産
1 BTC ビットコイン
2 ETH イーサリアム
3 MONA モナコイン
4 LSK リスク
5 XRP リップル
6 XEM ネム
7 LTC ライトコイン
8 BCH ビットコインキャッシュ
9 XLM ステラルーメン
10 QTUM クアンタム
11 BAT ベーシックアテンショントークン
12 IOST アイオーエスティー
13 ENJ エンジンコイン
14 PLT パレットトークン

2023年9月時点。今後も順次追加されていくことが想定されます。

NFTマーケットプレイスにログインする

Coincheck NFTには、取引所ページから『Coincheck NFT』をクリックするとログインすることができます。

NFTを購入する

最後に、Coincheck NFTでNFTを購入する方法をご紹介します。

まずは購入したいNFTを選択します。

Home画面には入庫した全てのNFTが表示されているため、画像左上に「出品中」と記載があるものだけを購入することができます。

購入したいNFTをクリックすると、購入画面へ移動します。

金額は出品者が『受け取る通貨』として選択した通貨の単位で表示されています。

出品者が『受け取る通貨』で選択した通貨でのみ購入することができます。

詳細の確認が完了したら『購入確認』→『購入』をクリックすれば、購入は完了です。

NFT取引におすすめの仮想通貨取引所ランキング

web12

暗号資産(仮想通貨)取引をするなら、できる限り手数料が安い取引所を選ぶのがよいでしょう。

以下の記事では仮想通貨を取引(売買)・送金するとき、日本円を入出金するときに発生する手数料を、日本の有名な仮想通貨取引所5社で徹底比較しました。

今後NFT、暗号資産取引をお考えの方は、参考にしてみてください。

NFTと関連するリスクと注意点

NFTと関連するリスクと注意点

NFTは多くの機会を提供していますが、その一方でいくつかのリスクや注意点も存在します。

このセクションでは、NFTに関連する主要なリスクと、それを回避または軽減するための注意点について詳しく解説します。

NFT投資のリスク

NFTへの投資は、その独自性と未来の可能性に引かれる多くの人々にとって魅力的ですが、いくつかのリスクが存在します。

価格の変動性

NFTの価格は非常に変動性が高いとされています。NFTの価値は市場の需要と供給、そしてブロックチェーン市場全体の動向によって大きく影響を受けます。

特定のNFTが高額で取引されるニュースが流れると、市場全体が活性化することがあります。しかし、その反動として価格が急落することも考えられます。

NFT投資を行う際は、価格の変動性を理解し、適切な資金管理を行うことが重要です。

技術的なリスク

NFTはブロックチェーン技術を基盤としているため、技術的なリスクも伴います。NFTの取引や所有権の証明はスマートコントラクトを使用して行われるため、そのコードにバグや欠陥が存在すると、不正な取引やNFTの消失のリスクが考えられます。

過去には、特定のNFTプラットフォームでスマートコントラクトのバグが発覚し、ユーザーの資産が失われる事件が発生しています。

技術的なリスクを回避するためには、使用するプラットフォームやスマートコントラクトの信頼性を確認することが不可欠です。

NFT取引の注意点

NFTの取引は、その独特の性質上、いくつかの注意点が必要です。

取引プラットフォームの選択

NFTの取引プラットフォームの選択は、安全な取引を行う上で非常に重要です。NFT市場の急成長に伴い、多くの取引プラットフォームが登場していますが、その中には信頼性の低いものも存在します。

一部のプラットフォームでは、偽のNFTを販売する詐欺行為が報告されています。

NFTを購入する際は、プラットフォームの評価やレビューをしっかりと確認し、信頼性の高いプラットフォームを選択することが推奨されます。

セキュリティ対策

NFT取引におけるセキュリティ対策は、資産の保護を確保するために不可欠です。NFT取引を行う際に使用するウォレットやアカウントは、ハッキングの対象となる可能性があります。

過去には、NFT取引プラットフォームのセキュリティが侵害され、多くのユーザーが資産を失う事件が発生しています。

定期的なパスワードの変更や二段階認証の設定など、基本的なセキュリティ対策を徹底することが求められます。

NFTに関するQ&A

NFTに関するQ&A

NFTに関するよくある疑問を、Q&A形式でご紹介します

Q1::NFTを購入する際の最も一般的な支払い方法は?

A1:一般的には、イーサリアム(ETH)などの暗号資産を使用してNFTを購入します。

Q2:NFTは物理的なアート作品とどのように異なりますか?

A2:NFTはデジタルアセットであり、物理的な存在はありませんが、ブロックチェーン上での所有権が証明されます。

Q3:NFTの価値はどのように決まりますか?

A3:NFTの価値は市場の需要と供給によって決まります。NFTの希少性、背後にある作品やクリエイターの評価、市場の動向などが価値を形成する要因となります。

Q4:NFTを購入した場合、著作権はどうなりますか?

A4:NFTを購入したとしても、その作品の著作権は通常、オリジナルのクリエイターに残ります。NFTの購入は、作品の所有権を取得することを意味しますが、著作権や再販権が移転されるわけではありません。詳細は各NFTの契約内容によります。

Q5:NFTはどのように安全に保管されますか?

A5:NFTはデジタルウォレットに保管されます。このウォレットは暗号化されており、パスワードや秘密鍵によってのみアクセス可能です。NFTの安全な保管のためには、ウォレットのバックアップやセキュリティ対策を徹底することが重要です。

Q6:NFTの取引には手数料がかかりますか?

はい、NFTの取引には通常、手数料がかかります。この手数料は、ブロックチェーンのネットワーク手数料や、NFTプラットフォームが取るコミッションなどによって構成されます。取引を行う前に、手数料の詳細を確認することが推奨されます

NFTとは

NFTに興味を持った方に向け、NFTの仕組みや買い方を一つの記事で徹底解説しました。

本記事を見れば約5~10分程度でNFTを始めるために必要な準備が整います。

早速記事にアクセスしてNFTを始めてみましょう。